審査甘いキャッシング

金融業界の現状

1990年初頭のバブル経済崩壊後、経済的に苦しむ消費者に焦点を当て、自動契約の導入やテレビCMのゴールデン枠でのオンエア等の効果により急成長を遂げたのが消費者金融業界でした。サラ金の呼称が消費者金融の呼称へと変化したのもこの時期に当ります。

しかしキャッシングの増加はローン地獄、執拗な取立てとなって顕れ、社会問題にまで発展し、その高金利と相俟って消費者金融のイメージを暗いものと変えていった側面もありました。やがて業界は徐々に冷え込みを見せる事になります。

その後に発生したリーマンショックと利息制限法の改正は更なる経営状態の悪化を招きました。利息制限法改正による過払い金返還請求は弁護士や司法書士らの呼びかけもあり後を絶たず、消費者金融大手は一社を除いて軒並み銀行傘下に収まり経営の改善に着手した事は記憶に新しいと言えましょう。

銀行

現在消費者金融各社は大手を中心に有人店舗を廃止し、無人契約機の設置やWeb完結契約システムにより、利用者のプライベート面とキャッシングの利便性を図っており巻き返しに賢明です。またカードローン利用促進が効を奏しその経営状態は上昇機運にあります。

昨今ではテレビを中心としたメディアCMでの露出度も増しイメージも回復基調にあります。業界では国からの指導もあり、キャッシングローン利用際の注意点について同時にCMで流すなどの努力は評価されており、業界自らの変化が期待されているところです。

今後は、銀行自らが乗り出しているカードローンキャッシングにどう対処して行くのかが注目されるところです。