審査甘いキャッシング

金融業界の変化

現代の貸金業界は、「明るい」、「安心」というイメージがあります。昔は「サラ金」と呼ばれていて、とても悪いイメージがあったそうですが、なぜこのように変化したのでしょうか?

その理由の1つとして、過去の「みなし弁済」に関する裁判が関係していると思われます。利息制限法では、上限金利が借入金額に応じて20%、18%、15%と定められています。

しかし、昔は多くの消費者金融では29.2%というグレーゾーン金利が設定されていました。利息制限法を超える金利を設定することは違法なのですが、貸金業法で「みなし弁済」という制度があったため、消費者金融は「契約者が自主的に支払ったのだからみなし弁済となって合法」と主張していました。

審査

裁判でも意見が分かれていましたが、最終的には「みなし弁済を実質的に認めない」という最高裁判決が出されて、過去の利息制限法を超えた利息の支払いまで過払い金として返還請求がされるようになりました。

多額の過払い金をかかえて多くの消費者金融が経営難となりました。そのような過去の反省から、現在の消費者金融のキャッシング、ローンはきちんと法律を守って「安心で信頼できる」というイメージを作ろうとしているのだと思います。

現代の消費者金融のキャッシングやローンは、法律がきちんと守られた安心できるものとなっています。しかし、金利が下がってきちんと法律が守られるようになった半面で、過去に長期延滞をしたり金融事故を起こした人にはとても厳しい審査がなされるようにもなりました。消費者金融を利用するときは、期日をきちんと守って延滞をしないようにする必要がありそうです。